【必要な情報はすぐ見れる】電子カルテを利用するメリットとは

  1. ホーム
  2. 接骨院経営をサポート

接骨院経営をサポート

施術

保険者との交渉を一本化

接骨師会は、柔道整復師に対するさまざまな業務支援を行っている団体です。柔道整復師は病院や接骨院などに勤務して業務に従事するほか、自ら接骨院を開業することもできます。この接骨院経営をサポートするのが接骨師会の主な事業です。具体的な支援の内容はそれぞれの会によって異なりますが、ほとんどの接骨師会が行っているのが、保険請求事務の一部代行です。柔道整復師が行う施術のうち、一部は健康保険の療養費の対象となりますが、受領委任制度を活用すれば患者ではなく接骨院が請求を代行することができます。接骨師会では、この業務をさらに代行しています。療養費の支給申請は、協会健保・組合健保・公務員共済組合など、それぞれ該当の保険者あてに分けて行わなければなりません。もちろん照会対応なども各保険者からバラバラに寄せられます。しかし接骨師会に委託すれば、会が窓口となって一元的に業務を管理してくれます。請求書の提出・返戻・再請求・入金確認など、すべての事務を一本化できることになり、とても便利です。その他の支援事業としては、レセコンの整備を挙げることができます。レセコンは正式名称をレセプトコンピュータといい、上に述べた保険請求事務を省力化するのに役立つ事務処理システムですが、多くの接骨師会ではリース業者と提携してこのシステムの導入を斡旋しています。また、各種の講習会を実施している接骨師会もあります。最新の治療機器や治療技術を紹介し、接骨院におけるサービスの向上を促しています。