【必要な情報はすぐ見れる】電子カルテを利用するメリットとは

一等地に店舗を探す方法

お店

お店を出す場合はまず業種と店舗の広さを決めます。集客率が高いのは一等地の貸店舗です。関西なら心斎橋エリアになります。ネットで店舗情報を集めて、気に入った物件を自分の足で訪ねます。気に入ったら内装を見学し、契約をします。予算的に合わない場合は居抜き物件を探します。心斎橋エリアでは坪単価5万円程度です。

接骨院経営をサポート

施術

接骨師会は、柔道整復師が接骨院を経営するに際して、さまざまな業務支援を提供する団体です。メインとなるのは療養費の支給申請に係る代行業務で、請求書の提出や入金確認といった事務を一本化して処理してもらえます。

介護事業の新規開業

お年寄り

訪問介護の事業所開業を支援する「介護24」では、開業前支援と経営支援を提供します。開業前は、計画書や申請書作成のほか、スタッフ採用、専用ホームページ作成、事前研修などの面から支援を行います。開業後は、独自システムによる帳票作成等の自動処理、事務の代行処理、経営指導などを通じて事業展開を支援します。

医療情報をデジタル化する

看護師

どこからでもカルテを閲覧

電子カルテは、これまで紙に直接記載することによって記録されてきた診療経過等を、デジタルデータの形で管理するシステムです。具体的には、パソコン操作と同様に医師が端末からキーボード入力することでデータ収録を行いますが、ペンタブレットを使って手書きとそれほど変わらない感覚で入力できるものもあります。電子カルテは法律上、紙のカルテと同等の真正性を持つものとして認められています。そのため、電子カルテを導入した医療機関にあっては、導入以降の診療記録を紙で保存しなくても良いようになります。デジタルの特性上、電子カルテはシステムをネットワーク化することが可能です。そのため、複数の診療科を持つ病院等にあっては各科に端末を設置し、データサーバと接続することで、情報を瞬時に共有できるようになります。転科、診療から検査、通院から入院など、別のセクションに診療データを伝達する必要が生じた場合でも、紙のカルテを回付したりする必要がなくなります。さらに、クラウド型システムを採用すれば、訪問診療の際に外から携帯端末でカルテにアクセスするといった活用法も実現可能です。また、電子カルテは単に手書きを機械入力に置き換えるだけでなく、記録の内容をチェックする機能も持っています。たとえば傷病名と治療方法がマッチしない場合、投薬が一定量以上に増減した場合などは、警告メッセージを発するようになっています。つまり、医療過誤を防止するシステムとしても活用できるのです。